事業案内

木製ドラムの再生加工

社会貢献の一躍を担うリサイクル事業を展開しております。
空ドラムを回収し、修理、ペイント、検査を経て、再生、販売しております。

木製ドラムの再生加工(リユース化)の流れ

木製ドラムの再生化の流れ1

①空ドラム引き取り

木製ドラムの再生化の流れ2

②入手ドラムの仕分け

ドラムサイズ毎に在庫

木製ドラムの再生化の流れ3

③サンダー掛け、修理⇒中間検査

ドラム鍔の内面等グラインダーにてサンダー掛け実施(次に巻く電線を傷つけない様に)
- 釘が出ていないか。
- 板の割れはないか。

木製ドラムの再生化の流れ4

④水性ペイント塗布⇒中間検査

水性ペイント塗布の後(再度)
- 釘が出ていないか。
- 板の割れはないか。
- 板と板の間に大きな段差はないか。

木製ドラムの再生化の流れ5

⑤最終検査・検印・出荷